新人看護師に必要なのは質問する勇気

准看護師時代から病院勤務

私は高校卒業と同時に准看護師を取得しました。そのまま短大進学し、自宅近くの現在の職場でもある整形外科へバイトとして2年勤務していました。主に手術直後の患者の看護をしていました。短大卒業後、国家試験を受けましたが1回落ちています。翌年再度国家試験を受け正看護師を取得しました。現在は育休です。

正看護師取得後バイトから正職員に

職場は、大阪市内のスポーツ整形に力を入れている個人病院の整形外科です。もともとは大学病院などの大きなところで救急科で働いて、いずれはフライトナースや認定看護師を取得したいと思っていましたが、手術室勤務に憧れるようになり、バイトとして働いていたその整形外科病院では手術室勤務者が少なく、手術室勤務をしてくれるのなら大歓迎と言われ、正看護師取得後、そのまま常勤として働きだしました。

とにかく周囲に恵まれた

私の場合、どこまでが新人なのかわかりませんが、自分が思う新人期間の間に辞めたいと思ったことはありません。なぜなら当時の先輩や指導者がよかったのだと思います。何も経験がなく教科書上の知識しかなかった自分に対して、何回同じことを聞いても教えてくれ、何度もやり方を見せてくれたからです。1番仲良くしていただいた先輩とは、プライベートでも相談にのってくれるくらい仲良くなりました。

わからないことは質問する勇気を持とう

私は採血すら経験がなかったので、すべてが初めてでした。勉強はできる方ではなかったので、手術前日に症例について予習をし、帰ったら復習をしの毎日で、患者には不快な思いをさせたこともありました。当時は患者の精神面の看護はできず、自分の手技で必死で先輩についていくのがつらかったです。その経験から思うのは、予習復習ももちろん大切ですが、1番大切なのは聞く勇気です。予習せずに何でもかんでも聞くのではなく、調べたがわからないので教えてくださいという勇気をもって先輩や指導者に聞いてみましょう。

↑ PAGE TOP